蓄電池って本当にオトク??

コロナウイルスまだ油断はできませんが少しずつ落ち着いてきましたね!

このコロナウイルスで自宅にいることがここ数ヶ月格段に多くなったかと思います。

そこで気になるのが「電気代」電気代の請求書のイラスト

今までもかかっていたものだけれど、お家にいることが長くなり気になるようになった方も多いのではないでしょうか?

そこで!!

今回は電気代を大幅削減できると話題の「蓄電池」について紹介していきたいと思います(^^)/

 

蓄電池ってそもそも何??

「蓄電池」とはその名の通り、「蓄えて」何度も使えるいわば大きな「充電式の電池」です。

身近なところでいくと、皆さんが持っているスマートフォンのバッテリーは何度も充電して電気を貯めれば使えますよね!それと同じ仕組みで、貯めた電気を家電や照明器具などに使うことが出来ます。

 

どんなメリットがあるの?

災害時にも安心!

 停電のイラスト

近年は各地で地震や大型台風が相次ぎ、被害の大きい地域では停電により電気が使えないという問題も多発しておりました。

電気が使えなくなると、照明器具はもちろん冷蔵庫や洗濯機などの家電も使えなくなる為、食べ物の保管が難しくなったり洗濯が出来ないなど日常生活に大きな問題が出てきてしまいます。

そんなときも蓄電池があれば安心です!

5kwh以上の容量のある蓄電池であればこんな感じで電気を賄うことが出来ます!

電球のマーク冷蔵庫(50W):1200w(24時間)

電球のマーク携帯充電器(15W):60W(4時間)

電球のマークテレビ(100W):300W(3時間)

電球のマークノートパソコン(50W):250W(5時間)

電球のマークLED電球照明(40W×2部屋分):400W(5時間)

電球のマーク炊飯器1300W(1回あたり)

電球のマークエアコン(500W):1500W(3時間)

=5.01kwh 

※家電の機種や使用時間によって数値は異なります。

 

これだけ使えれば必要最低限の生活は出来そうですよね!

 

電気料金を安くできる

電気は時間帯によって価格が違うってご存知でしょうか?

深夜電力を貯めて、【朝】【天気の悪い日中】【夕方】に電気を使用することでぐっと電気代をおさえることが出来ます!

日中や夕方(23.0531.19の時間帯)に対して夜間は10.51なのでこの差は一目瞭然ですよね!

太陽光発電のデメリットを解消!

太陽光発電は日が照らない夜間や悪天候時は発電出来ない為、電力会社から電気を買うしかありません。

そこで蓄電池があれば天候に左右されることがなく、

割安の深夜電力を貯めて一日中(23.05~31.19円)

買う代わりに使えるから太陽光のデメリットを解消できるんです!

蓄電池の導入、今がおすすめなのはなぜ??

太陽光パネルを設置しているご家庭が蓄電池を「今」導入している理由!
  • 深夜電力を貯めてかしこく使うことで固定買取期間中からメリットをとってもらえる

➡ 売電終了後の導入に比べて、導入コストが下がる

  • 固定買取制度の終了により、蓄電池の需要と供給の逆転が起こる

➡ 本体価格高騰のリスク回避

  • 売電収入があるうちに導入することで家計への負担減
  • 南海トラフ地震 等 災害時の備えとして

※固定買取終了後の蓄電池設置は、高額なローンだけが残ってしまいます(*_*)

固定買い取り期間終了後の売電っていくらになるの??

現在              終了後

33円】      8円】

売るより貯めて使ったほうが断然お得です!

 

 

いかがでしたでしょうか?

蓄電池は家計に優しいのはもちろんですが、近年の災害の備えにもなり、生命保険・火災保険のように生活の安全は【蓄電システム】を導入することによって得ることができます!

もっと詳しく話を聞いてみたい・・

うちならどのくらいのメリットがあるんだろうなど、少しでも気になって頂けましたらお気軽に弊社までお問合せください(^^♪

facebook Instagram