ガスコンロとIH結局どっちが良いの?

キッチンをリフォームする際必ず選択に迷うのが「ガスコンロ」or「IH」の部分かと思います。

そこで今回は「ガスコンロ」と「IH」の比較をさせて頂きます(^_-)-☆

 

◇ガスコンロ

《ノーリツ ガスコンロ》

☆メリット

商品価格が安い:もちろんグレードが上がってくると一概には言えませんが、同じグレードで考えるとガスコンロの方がお求めやすい傾向にあります。

火力が強い:より強い火力が必要になった場合はガスの方が優勢である為、調理の用途によってはIHの火力では物足りないこともあるかもしれません。

コンロから放しても調理可能:チャーハンなどを作る際コンロから放して煽りながらの調理が出来ます。

調理器具を選ばない:IHは専用のものでなければ破損などの恐れがあるのに対し、ガスコンロは基本的に全ての調理器具に対応しているため、使えるかどうかの確認に手間がかかりません。

料理をするお母さんのイラスト

 

 

▼デメリット

火を扱う為危険:実際に火を使うガスコンロは火事の原因にもなりやすく、ケガの原因にもなりやすいです。

特に小さなお子様が居るご家庭は勝手に火をつけてしまわない様気を付けなければなりませんし、万が一つけっぱなしになると引火し火災の原因にもなりやすいです。

お手入れが大変ガスコンロの大きなデメリットとしてお掃除が大変なことにあります。ゴトク周りに汚れがこびりついてなかなかこすっても取れなかったり、吹きこぼれてしまった際のふき取りも大変です。

キッチンスペースが熱くなる:直接火が空気を温めてしまう為、キッチンスペース一帯が熱くなってしまう恐れがあります。その為夏場は暑さで少ししんどく感じてしまうかもしれませんね。

やけどのイラスト(男性)

 

 

◇IH

《Panasonic IH》

 

初めにIHとは・・インダクションヒーティング(電磁誘導加熱)つまり電磁調理器を意味しています。

☆メリット

火を使わない為安全:直接火が出ることが無いため引火の心配が無く、キッチン空間が熱くなることも防いでくれます。

お掃除がしやすい:ガスコンロのタイプと違ってゴトクのような凹凸が無いため、拭き上げで汚れを取り除くことが出来ます。

立ち上がりが早い:ガスコンロと比べると火力が弱い印象があるIHですが、火力の立ち上がりに関してはガスコンロより早く、直ぐに強火にすることが可能です。

温度を設定できる:電気製品ならではの温度調整機能は、レシピなどをみて調理する際とても活躍してくれます。火の大きさを確認する必要が無いので効率よく料理をすることが出来そうです。

これから省エネの為オール電化を考えられているご家庭にはIHがとてもおすすめです。

IHコンロの掃除のイラスト

 

▼デメリット

同時に強火が難しいこと:電気は限界の容量が決まっているため同時に火力最大で使うことが出来ない事があります。

調理器具が限定される:IH対応の調理器具でなかった場合、器具の破損の可能性があり危険です。

熱いかどうか目に見えない:火を使わない為安全ではありますが、逆に調理が終わってから天板が冷えているのか、まだかなり熱いのかわかりにくいといった問題もあります。うっかり手をつかない様気を付けなければなりません。

フライパンのイラスト漫符「もやもや・グチャグチャな線」

 

 

いかがでしたでしょうか?

火力にこだわるならガスコンロ、お手入れのしやすさやオール電化をとるならIHともいえそうですね!

どこを一番外せない点にするかで比較検討をしてみてください!(^^)!